TOP

夜な夜な福原の風俗でこっそり遊んでいる私の体験談です。

初めて福原ソープに行って……

福原のソープに初めて行ってきました。福原ソープに興味がなかったとかではなく、あまり縁がなかった風俗なんですよね。でもせっかくだからってことで足を運んできたのですが、想像以上の世界でした。確かに頭では分かっていたんですよ。何をするのかくらいは。でも実際に足を運んでみると想像以上。何せ挨拶して会話もそこそこにいきなりフェラが始まるんです。その日相手をしてくれた福原ソープ嬢のJちゃんも慣れたもので、会話しつつ、こちらを脱がしにかかっているんですよ。そして彼女も下着になってこちらの股の間に入ってフェラを開始。ここまで本当に数分もかかっていませんからね。これだけスピーディーな風俗は他にはないなとか感心していると、すぐにプレイが始まってこちらをしごいてくれるんです。じっくりねっとりから、徐々にテンションを高めていって。こちらも彼女の体をまさぐってはいますが、フェラをされるだけで十分と思いつつ、呆気なく発射。所要時間にすれば本当に僅かですね。同僚から教えてもらった【絶対楽しめる福原のソープ店一覧】を参考にこの店に行ってみたのですが、正解でした。

福原ソープと自慰との差は埋められない

はっきり言ってオナニーと風俗。この二つは別物なんじゃないかなって思っています。精子を出して快感に浸るって点では同じかもしれませんが、決して同じとは言い切れないものなんじゃないかなって思いますよね……って福原のソープに行って思いました。実際の所、ソープでの快感はオナニーとは比べものになりませんでした。よくオナニーのことを「自己処理」って言うじゃないですか。この言葉、なかなか的を射ているんじゃないかなとも思うんですよね。そう、処理でしかないんですよ。快感というよりも処理。すっきりするための処理がオナニーなら、福原ソープでの時間は快感のための楽しい時間なんです。だからこういう施設を利用するようになってから、オナニーはほとんどしなくなりましたね。そもそもオナニーをすると女の子とのプレイでの感度も若干鈍りますので、もったいないじゃないですか。ソープでの快感をより高めるためには、むしろオナニーを我慢して女の子にしっかりと抜いてもらった方が断然良いんじゃないかなって思うようになりましたね。